www.logimmo.org/

なんとなくのレギンスやタイツ

テレビのバラエティ番組で、素人をファッション評論家?がファッションチェックするというものが大好きで、良く見ているのですが、だいたい、春先や夏に女性がレギンスや黒タイツを履いていると、ダメだしされて、ファッション改造時には、レギンスやタイツを脱がされているので笑ってしまいます。
笑ってしまうと言っても、私はそんなことしないわという意味ではなく、「わかるわかる」という意味で笑ってしまうのです。
なにかが不安なんですよね。生足をさらけ出すことに。
クイーンサイズの大きいサイズの靴 レディースが沢山

 

だいたいレギンスやタイツをひっぺがされた女性たちも断然生足を出した方がファッション全体として、すっきりしてキレイなのです。
でも、履いちゃうのですよね。レギンスも黒タイツも。
外出するときに、今日はこんな服で出かけようというとき、なんとなく生足で出かけることに抵抗がある。そして、なんとなくレギンスやタイツを履いてしまうのです。
たぶん、ファッション評論家がいくらダメだししてもこの傾向はなくならないと思います。私を含めて。